柳宗悦が「渋さの極みを語る最も日本らしい品」と称した約800年の歴史を受け継ぐ窯産地・丹波立杭焼。
古き良き美しい里山・立杭で、伝統的な穴窯・登り窯を使用した茶器や花入れだけでなく、
現代に通じる日用器も手掛ける「稲右衛門窯・上中剛史氏(11代目稲右衛門)」。
丹波立杭焼の特徴のひとつである美しく繊細な稜線文様・鎬(しのぎ)に、鮮やかな彩色は夢見ごごちな景色を与えてくれる。

神戸を歩き、歴史を知り、現地の人と触れ合えば分かる。
日本的な美感に、神戸特有のハイカラ文化が見事に融合した丹波立杭焼の現在地。
この深遠な洒落っ気は上中氏にしか作れません。

the day -play concept store-では、各種の彩色カップやマグカップなどをご用意。
東北地方において、上中氏の作品を手に取っていただける機会は極めて貴重です。
 

the day -play concept store- 

 

MAIL:info@playforlives.com  TEL:022-395-9861 (10:00-19:30 水曜定休) 

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 

the day -play concept store- 〈所在地〉〒984-0816 宮城県仙台市若林区河原町1-5-41 TEL&FAX : 022-395-9861 Mail : info@playforlives.com