北欧の香りも漂う、箱根寄木細工伝統工芸士・金指勝悦氏が手掛けるウッドワーク。
1997年より箱根駅伝の優勝記念トロフィーの制作を手掛け、2011年には瑞宝単光章を受賞。

木が持つ自然の色や木目を生かし、カツラやミズキ、サクラなど多くの木を組み合わせる寄木細工。
金指氏は寄木の素をそのまま刳り貫いた「無垢(むく)」の方法で、作品を制作しています。

the day -play concept store-では、「リンゴの器」や「一輪挿し」、その他小型作品を多数セレクト。
量産が利かないことから、限られた店舗でしか手に入らない貴重な作品群です。


【箱根寄木細工について】
江戸末期頃、石川仁兵衛が、静岡から寄木細工の技術を持ち帰り、箱根の畑宿で作られるようになったと伝えられています。
箱根の山は木の種類が豊富にあったことや、東海道を行きかう人、箱根への温泉客の増加によりお土産として生産が活発になりました。
時代と共に技術が開発され、緻密で様々な模様のものが、箱根町や小田原市で作られています。

 

the day -play concept store- 

 

MAIL:info@playforlives.com  TEL:022-395-9861 (10:00-19:30 水曜定休) 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 

the day -play concept store- 〈所在地〉〒984-0816 宮城県仙台市若林区河原町1-5-41 TEL&FAX : 022-395-9861 Mail : info@playforlives.com