2017年6月、新緑が爽やかな風になびく頃。

ステンドグラス作家・沢田いくみの新作コレクションの開催が決定いたしました。

会場は、東北の誇る老舗百貨店「藤崎」本館7階、開催期間は6月8日(木)から12日(月)です。

 

企画テーマは「Hands of Human 2017.」。

多数の新作群と共に、特別企画として、

宮城県の伝統的工芸品・切込焼 三浦陶房とのコラボレート作品も発表します。

 

手から、手へ。

人の手が生み出す感動をもう一度。

 

picture of the scene


 

沢田いくみステンドグラス 2017 new collection 「Hands of Human 2017.

 

会場 : 藤崎・本館7階  (住所)〒980-8352 宮城県仙台市青葉区一番町3-2-17

 

開催期間 : 2017年6月8日(木) - 12日(月)  10:00-19:30 (最終日16:00迄)  

「加美町から描き出す不変の美しさを。」

 

ステンドグラス作家・沢田いくみと、宮城県指定の伝統的工芸品・切込焼 三浦陶房のコラボレート作品を発表。先人が築き上げてきた技と知恵を現代に継承し、新たなデザインを施します。詳細は下記リンクよりご覧いただけます。(※企画運営:the day -play concept store-)

沢田いくみ  

 

ステンドグラス作家 

 

1984年生。2003年よりアメリカにてスタジオアートの技術を学ぶ。「主張的なデザインではなく、日常生活に溶け込むステンドグラス」をコンセプトとし、新たな価値観を提案する。“the day - play concept store”(仙台市若林区河原町)を拠点に全国からの注文製作、オリジナル作品の製作を手掛けている。各種業界からの発注製作、東北の老舗百貨店「藤崎」での企画展開催、その他テレビドラマへの美術協力等。「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT 2017」宮城県代表。

 

 


 
 
 

御提案するステンドグラス作品で使用するアートガラスは、すべてガラス職人のハンドロールで作られます。そのため、1枚1枚に、色の入り具合、流れ、厚み等の個性があり、まったく同じガラスは存在しません。そして、様々な色の混ざり合ったガラスの中で、1番に作品に合った部分を贅沢に切り取ります。真新しいガラスも、中心部の色合いが美しければ、迷うことなく中心部から使用するのです。ガラスの端から順に切り取って製作を進めるほうが、ビジネスにおけるコストパフォーマンスは遥かに上がります。しかし、それでは決して美しい仕上がりになりません。“ガラスのどの部分を使用するか”、その判断がステンドグラスの美しさを最大限にひき出す鍵となり、最終的な仕上がりを大きく左右します。それこそが、完成品の複製が不可能とも言える最大の理由です。

 
 
 

 

 

 
 
 
 
 
 

所在地 : 〒984-0816 宮城県仙台市若林区河原町1-5-41

TEL/FAX :  022-395-9861 (10:00-20:00 水曜定休)    sawada@playforlives.com

LINK

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 



 
 
 
 

ページトップ

沢田いくみ-ステンドグラス〈アトリエ/the day -play concept store-内〉〒984-0816 宮城県仙台市若林区河原町1-5-41 ℡:022-395-9861 Copyright(C)Ikumi-Sawada. All Rights Reserved.