ステンドグラス作家・沢田いくみと、染色作家・古屋絵菜氏の共作「生命讃歌」「月下美人」「芥子」。

2021年4月、藤崎百貨店で開催される沢田いくみの新作展「生命讃歌」で発表されます。

 
(↓) 「生命讃歌」 (作品サイズ:縦76 x 横76cm) 
(↓) 「月下美人A」 (作品サイズ:幅47 x 高47cm)
(↓) 「月下美人B」 (作品サイズ:幅47 x 高47cm)
(↓) 「芥子A」
(作品サイズ:幅18 x 高38cm)
(↓) 「芥子B」
(作品サイズ:幅18 x 高38cm)
(↓) 「芥子C」
(作品サイズ:幅18 x 高38cm)
 
【作品仕様】
(1) 内照式の壁掛けアートパネル(額は特注のアイアン製)。絵画のように壁面に飾っていただけます。
【共作者略歴 | 古屋絵菜氏】
山梨県生まれ。2011年武蔵野美術大学 大学院 工芸工業デザイン科を修了。主に臈纈(ろうけつ)染めを用い、花をモチーフとした作品を制作している。2013年、NHK大河ドラマ「八重の桜」5月オープニングタイトルバックに作品を提供。2020年にはハーゲンダッツの限定デザインパッケージを手掛けている。近年は上海でも展示を行い、その活動は日本国内にとどまらない。
 
 
 

▶沢田いくみステンドグラス新作展「生命讃歌」

 

和と洋の融合。ステンドグラスの歴史に新たな道を。

 

2021年4月、東北の老舗百貨店「藤崎」にて。ステンドグラス作家・沢田いくみの新作展『生命讃歌』を開催いたします。

会場は、本館6階・美術ギャラリー。開催は4月8日(木)→14日(水)の7日間。

 

今展に向けて、日常で使いやすいオリジナル作品やアートパネルに加え、

山梨県を拠点に国内外で活躍する染色作家・古屋絵菜氏との共作アートパネル「生命讃歌」やテーブルランプを制作。

 

また、鈴木盛久工房・鈴木成朗氏との共作「霙玉霰」「折縞紋」や、陶板画作家・SHOWKO氏との共作「雪・月・華」、

土佐組子・岩本大輔氏との共作「KUMI(KO)BAKO」、大阪切子・安田公子氏と大堀相馬焼 陶吉郎窯・近藤賢氏との3者共作「SAKIKUSA」等、

各分野の匠とのコラボレート作品を多数ご用意いたします。

【会場】藤崎・本館6階 美術ギャラリー(住所)〒980-8352 宮城県仙台市青葉区一番町3-2-17

【開催期間】  2021年4月8日(木) - 14日(水)  ※最終日16:30迄

【公式サイト】http://playforlives.com/fujisaki2021/

この機会に是非ご高覧賜りますよう、ご案内申しあげます。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 

the day -play concept store- 〈所在地〉〒984-0816 宮城県仙台市若林区河原町1-5-41 TEL&FAX : 022-395-9861 Mail : info@playforlives.com